Fandom

ドラえもん Wikia

鍋島さん

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]ドラえもんの恋人である「ミイちゃん」は、ネコ嫌いの鍋島さんの家のかごに閉じこめられていた。早速、ドラえもんはミイちゃんを救出したが、木刀を持った鍋島さんに追い掛けられることになった。

鍋島藩の化け猫騒動:鍋島家の家臣、小森半太夫が異国種の猫を虐待したので、そのネコが恨みを抱き、殿の愛妾、お政の方を食い殺して化身し、御家に仇を討つが、伊藤惣太らに退治されたというものである。なお化け猫とは、ネコが変化した妖怪のことである。化猫イメージとして「行燈の油を舐める」というものがある。怪談の文芸作品化がすすめられた江戸時代には、行燈の燃料としてイワシから取った安価な魚油が広く使われていた(煤の少ない菜種油は高価) いうまでもなく魚はネコの好物であるので、行燈の明かりにその姿を浮かび上がらせる油を、舐めるイメージが作られた(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia