Fandom

ドラえもん Wikia

透明人間目薬

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

透明人間目薬
ひみつ道具大事典: (収録、P.362)
単行本: てんとう虫コミックス・短編第8巻第9話『とう明人間目ぐすり』(P.77)
デビュー掲載雑誌: 小学生ブック1974年9月号『とう明人間』
説明: ひみつ道具である『透明人間目薬』をさすと、「体内の細胞を水晶体にし、色素を分解して、細胞のすきまを液体でうめて屈折率0」にしてしまう。つまり、透明人間になることのできる憧れのひみつ道具である。

透明人間:H.G.ウェルズの小説のタイトル。類似のフィクションにおいて、肉体が透明である架空の人間。透明人間は体が全く見えず、その体を透かして向こう側の景色を見ることができる。そこにいてもわからないが、感触では確認できる。SFや怪奇小説などで繰り返し用いられるテーマである。その特殊性から悪役として登場することが多いが、主人公や正義の味方として活躍する作品もある。透明であることを隠すため、包帯で顔をグルグル巻きにしている(しばしば目にはサングラスをかけている)というのが、最も典型的な姿である(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia