Fandom

ドラえもん Wikia

蜃気ろうそく立て

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

蜃気ろうそく立て
ひみつ道具大事典: (収録、P.31)
単行本: てんとう虫コミックス・ドラえもんプラス第1巻第13話『しん気ろうそく立て』(P.119)
デビュー掲載雑誌: 小学二年生1984年7月号『しん気ろうそく立て』
説明: 雨戸を閉め、部屋を暗くして、ひみつ道具である『蜃気ろうそく立て』のロウソクにあかりをつけ、しっかり握って、景色を思い浮かべると、現実そっくりの景色がが眼前に現れる。

蜃気楼:地表近くの気温が場所によって異なるとき、空気の密度の違いによって光線が屈折するために、地上の物体が空中に浮かんで見えたり、あるいは、地面に反射するように見えたり、遠方の物体が近くに見えたりする現象。砂漠・海上、その他空気が局部的に、また層をなして、温度差を持つときなどに現れやすい。富山湾で春見られるのが有名(広辞苑による)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia