Fandom

ドラえもん Wikia

藤子・F・不二雄

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

テンプレート:Infobox 漫画家 藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)[1]、1933年12月1日 - 1996年9月23日[1])は、日本の漫画家。富山県高岡市定塚町出身、富山県立高岡工芸高等学校・電気科卒[1]。血液型O型[1]。安孫子素雄(藤子不二雄)と共に藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。代表作は『ドラえもん』、『パーマン』、『キテレツ大百科』、『エスパー魔美』、『21エモン』など。

略歴 編集

1951年、安孫子と共に『毎日小学生新聞』に投稿した「天使の玉ちゃん」が採用され、共に17歳にして漫画家デビューを果たした。一時、製菓会社に勤めるも、すぐに退社して自宅で漫画の仕事に取り掛かる。その2年後、新聞社で働いていた安孫子を無理やり誘って上京する。

漫画2人は博学博識で、そこから生まれるユニークかつユーモア溢れるアイディアは数知れない。その後、『オバケのQ太郎』、『パーマン』、『ドラえもん』などの大ヒット作を生み出した。1988年にコンビを解消し、藤子不二雄として活動を始めたが、約1年後、トキワ荘の仲間だった石ノ森章太郎の助言によって藤子・F・不二雄に改名した。詳しくは藤子不二雄の略歴を参照。

人物 編集

本人によれば、おとなしくてまじめで体が弱かった藤本は小学校時代過酷ないじめに遭い、番長格の少年に似顔絵を評価されるまでずっと抜け出せなかったそうである。その時の気持ちがドラえもん、のび太に活かされている。また、藤子不二雄の作品『まんが道』にも、その時の描写がある。

ベレー帽パイプがトレードマークであり、作中に登場する本人のイラストにも描かれている。

野球好きで、近鉄バファローズファンであった(『小学四年生』1971年1月号で読者の質問に回答)。また鉄道ファンでもあり、鉄道模型が趣味の一つ。1983年にはテレビ番組『ドラえもんヨーロッパ鉄道の旅』にキャラクターと共演している。また鉄道鉄道模型SL等を題材にした作品も多数存在する事からも情熱の程が伺える(SF短編『四畳半SL旅行』、『ドラえもん』「SLえんとつ」「のび太の模型鉄道」「天の川鉄道乗車券」、『ポコニャン』「ダイナミックもけい鉄道」など)。

恐竜についての造詣の深さでも知られ、仕事机には始祖鳥の化石のレプリカやティラノサウルスプラモデル、果てには本物のディプロドクスの尾の骨までが飾られていたという(作品としてはドラえもん大長編第1作『のび太の恐竜』、第8作『のび太と竜の騎士』や本編の各所、SF短編と『T・Pぼん』などでも恐竜が絡んだエピソードは数多い)。

西部劇ガンマンに関した話も少なくない。のび太には射撃の才能があるエピソードが多く描かれており、またドラミとタッグを組んだ後期の話(単行本24巻「ガンファイターのび太」)や『T・Pぼん』やSF短編集(『休日のガンマン』)などで本格的なスタイルのガンマンたちを描いている。藤子不二雄鈴木伸一つのだじろうと共に8mmカメラで西部劇を撮影したこともある。

兵器や軍事に関するものも多くある(『まんが道』では戦艦の三面図を描いていたり飛行機の模型がある場面)。作品としてはドラえもんでのスネ夫の戦艦「大和」乗っ取りから潜水艦攻撃までのシーン、大長編『のび太の宇宙小戦争』など。兵器に関しては子供が憧れるカッコいいものと描いている描写(スネ夫のセリフなど)があるが、戦争自体への考えは世代に関係なく一貫して虚しい物や恐るべきものとして描いている(『のび太の海底鬼岩城』でのポセイドンに関する描写、「ラジコン大海戦」でのスネ吉の「戦争とは金ばかりかかって むなしいものだなあ」、「ご先祖さまがんばれ」でのドラえもんの「お互いどっちも正義と思っているよ。戦争ってそんなもんだよ」というセリフ、『のび太の創世日記』における宗教戦争の否定、SF短編では『マイシェルター』や『ある日…』など)。同じく作品内に兵器や軍事に関するものを多く出している秋本治も、藤子と同様の考えを持っている。また、ドラえもん初期には戦争関連のエピソードがいくつか見受けられる(疎開先での児童生活の辛さを描いた「白ゆりのような女の子」、動物園における戦時中の動物の殺処分について触れた「ぞうとおじさん」など)。

スター・ウォーズ』に関するネタも漫画中に時折見受けられる(パロディとして描いた「天井うらの宇宙戦争」(姫はアーレ・オッカナ、ロボットはR3-D3、敵はアカンベーダー)の話のほかにも、リザーブマシンで取った映画の席が『スター・ジョーズ』であるなど。SF短編では『ある日…』と『裏町裏通り名画館』に『スター・ウォーズ』のパロディ劇中劇がある)。

初の専属アシスタントとして『まいっちんぐマチコ先生』で知られるえびはら武司がいる。むぎわらしんたろう(萩原伸一)もアシスタントとして晩年の藤本を支え、一緒に劇を見たり途中で蕎麦を食べるなどとかなり親密な関係だった。またむぎわらが描いた漫画に細かい部分まで指導を行ったり、『ドラえもん』単行本の表紙を任せるなど、後進としても目をかけていた。

いくつかの作品に登場するキャラクター小池さんと同様に、好きな食べ物は「インスタントラーメン(特にチキンラーメン)」であると語っていた。お湯をかけるだけで食べられる、という点が「魔法のよう」であると言い、旧スタジオ・ゼロの屋上でインスタントラーメンを食べているグラフが撮影されたこともある。

アニメ版の制作は畑違いということもあり、細かいチェックや要望などは行わなかったとされている。ただしずかについてだけは特別なこだわりがあったらしく、絵や性格などに注文を出す時があったという。また、最初の映画『のび太の恐竜』に客が入るのか不安で、公開前日に映画館の向かいのホテルに宿を取った。封切り同時に多くの子供が駆け付け満員になったのを見て安心したという(大山のぶ代著「ぼく、ドラえもんでした。」より)。

藤子不二雄同様、手塚治虫を子供の頃から生涯を通じての最大の師と尊敬し続けた。作風の面においてはハッピーエンドが多い藤子の作品と、重いテーマをシリアスに描くことの多い手塚の作品は対照的な部分もあるが、藤子は漫画の描き方の本や自伝などで頻繁に手塚作品への特別な思いを述べており、「いつか手塚先生のような壮大な作風にも挑戦してみたい気持ちもある」とも語っていた。手塚を信奉するあまり、『コロコロ』初代編集長の千葉和治が手塚への批判を漏らしたところ、火が出るほど怒り、千葉を1週間近く事務所に出入りさせなかったという[3]

3人の娘がおり、末娘はかつてテレビ東京に勤務していた。娘によれば藤本は、平均睡眠時間4時間という忙しさの中でも、家族と一緒の時間をできるだけ取るように心がけた人だったという。

晩年、小学館の児童向け学習雑誌や『コロコロコミック』などに作品が掲載される際には、「マンガの王様」というクレジットがあった。

エピソード 編集

テンプレート:出典の明記

  • 愛用していた鉛筆は三菱ユニのB、ペン先はゼブラのかぶらペン(『ぼく、ドラえもん。』6号)。
  • 食の面では特にを好んだと言う。逆に、大根だけは苦手だった(『ぼく、ドラえもん。』6号)。
  • 整理された画面構成を好み、不必要な線が入りすぎることを好まなかった。
  • 自作で『南極物語』を暗に非難し(『裏町裏通り名画館』)、『大長編ドラえもん』でも環境保護を早期から唱えていたが(『のび太とアニマル惑星』)、ドラえもんが環境保護の錦旗と化すことを快く思っていなかった。
  • 子供による、現実と作品世界が混同した無邪気な質問に対しては、夢を壊さないような答えを返している。以下に例を列挙する。
    • 武田鉄矢がまだ幼い娘を連れて藤子に会いに行った時、娘が「ドラえもんはどこにいるの?」と藤子に尋ねた。すると藤子は「ドラえもんはね、今テレビ局にいるんだよ。」と答えた。
    • 『ドラえもん』人気が高かったベトナムを訪れた際、現地の子供が「四次元ポケットは(藤子先生は)持っていないのですか?」という質問をした。それに対し、藤子は「ドラえもんが着けているもののほかに、予備(スペアポケット)があるんだけど、この二つしかないから、僕は持っていないんだよ。」と答えた。
  • 『ドラえもん』放送15周年を迎えた1993年9月9日の特番で原作者の藤子・F・不二雄がアニメのキャラクターと話をするという珍しいシチューエーションがとられた。
  • 落語ファンであり、特に古今亭志ん生を好み、時には落語のネタを自作の中で用いることもあった[4]
  • トレードマークであるベレー帽をかぶるきっかけを作ったのは、同じくベレー帽をトレードマークとする手塚治虫ではなく、相棒の藤子不二雄である。ある日、藤子は知り合いからベレー帽を貰ったが、あまりかぶる気にはならなかったため、それをそのまま藤子Fに譲った。以来彼のトレードマークになった。なお藤子Fは「安孫子(藤子)のほうがおしゃれだから、僕より似合ったはず」と思っていたそうである。

訃報 編集

1996年9月20日、家族が夕飯の準備を告げるといつものように仕事部屋から返事があった。だが呼んでからいつまで経っても来なかったので娘が仕事場へ呼びに行くと、机に向かったまま意識を失っているところを発見される。『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』の62ページ目を自宅の仕事場で描いている最中で、発見された時は鉛筆を握ったままだったという。そのまま病院に搬送され、3日後の9月23日午前2時10分にその生涯を閉じた。テンプレート:没年齢。死因は肝不全であった。

自身も以前から先が長くないことを自覚しており、『のび太のねじ巻き都市冒険記』の大筋を執筆前に芝山努に教えていたり、亡くなった後の自身の作品の行方や、藤子プロの活動などに対して心配を寄せている内容を書いた手紙を残していた。

2006年2月19日放送のテレビ朝日系『ドラえもん誕生物語 藤子・F・不二雄からの手紙〜』によると、1986年にが見つかり、それ以降何かと体調を崩すようになっていた事が明らかにされている。

藤子不二雄は仮通夜にて、「気持ちは混乱していまして、正直言って今朝からずっと足ががたがた震えてて、すごく残念でしょうがないんです。彼はたいへんな天才だったと思うんですね、僕なんか彼がいたから漫画家になれたようなものでね。すごくピュアな気持ちの男だったんですね」と語った。また、『愛…しりそめし頃に…』の連載中に亡くなったことを受け、追悼として読切作品「さらば友よ」を執筆した。

葬儀には多くの人が参列し、出棺の時には「ありがとう弘さん」と大勢の人に見送られた。

大山のぶ代は葬儀の時、「本当のお葬式の日、ドラえもん、のび太くん、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫、ママ、パパみんなで先生を送りたいと思います」と涙をこぼしながら語った[5]

なお、訃報に際して、長きにわたって映画ドラえもんシリーズの主題歌を制作していた武田鉄矢は、同年公開『のび太と銀河超特急』を最後に主題歌制作から外れた[6]

作品 編集

詳細は藤子・F・不二雄の著作一覧を参照

小学館の児童向け学習雑誌や『コロコロコミック』で児童向け漫画を描く一方、『ビッグコミック』などで大人向けのSF短篇漫画も多く描いた。

藤子・F・不二雄の提唱する「SF」とは「サイエンス・フィクション」ではなく、「すこし・不思議」という意味を示し、日常の中に非日常が飛び込んでくる内容の作品が多い。その一方でSF短編集に収録されている作品には、ハードなサイエンス・フィクションの流れを汲む作品も多く、バラエティに富む。

以下の作品は設定された世界がリンクしていることも多々あり、ある作品のキャラクターが越境して他作品に登場したり、後日談や前史が語られることもある。その詳細は作品別のリンク先で記す。幼年漫画では架空の存在である主人公と相棒の少年、女の子1名、大きなガキ大将と子分という構成が多い。

など多数

SF短編 編集

詳細は藤子・F・不二雄のSF短編藤子・F・不二雄のSF短編一覧をそれぞれ参照

テンプレート:和暦からテンプレート:和暦にかけて、112作のSF短編読み切りを発表。

編集

アシスタント 編集

脚注 編集

  1. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「mangaseek」という名前の引用句に対するテキストがありません
  2. 藤子・F・不二雄大全集 【第2期】
  3. テンプレート:Cite book
  4. 昭和30年代に志ん生が枕として使っていた「蛇が血を流してる、ヘービーチーデー (ABCD) 」という駄洒落を『エスパー魔美』の「オロチが夜くる」の中で使ったことなど。
  5. 大山のぶ代著『ぼく、ドラえもんでした。』
  6. ただし2010年の『のび太の人魚大海戦』のみ例外で、映画30周年を記念して再び武田が挿入歌を制作した。
  7. 『漫画家人名事典』 70頁
  8. 『漫画家人名事典』 101頁

関連項目 編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は藤子・F・不二雄にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia