Fandom

ドラえもん Wikia

藤子・F・不二雄

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]作者の「藤子・F・不二雄」と「安孫子素雄」が新しいひみつ道具の働きを、珍しくマンガのコマの中で説明している、なぜならば、そのひみつ道具を使ったのび太に、全く想像できない現象が次から次へと起こったためである。

藤子・F・不二雄(1933~1996):日本を代表する漫画家。富山県高岡市出身。安孫子素雄(藤子不二雄A)とともに藤子不二雄としてコンビを組み作品を発表した。代表作品として、『ドラえもん』、『パーマン』、『キテルツ大百科』、『エスパー魔美』、『21エモン』などを挙げることができる(ウィキペディアによる)

藤子・F・不二雄:本名・藤本弘。1933年、富山県に生まれる。小学校5年生の時に出会った同級生・安孫子素雄とコンビを組み、51年、「天使の玉ちゃん」(『毎日小学生新聞』)でデビュー。54年に二人で上京し、”藤子不二雄”の合作名で執筆活動を続け、「オバケのQ太郎」など数々の名作を生みだす。87年にコンビを解消し、藤子・F・不二雄として、活動を続ける。63年、第8回小学館漫画賞を受賞した「すすめロボケット」「手ぶくろてっちゃん」、82年、第27回同賞、73年、第2回、94年、第23回日本漫画協会賞、97年、第1回手塚治虫文化賞を受賞した。「ドラえもん」のほか、「パーマン」「エスパー麻美」「ウメ星デンカ」「21エモン」「キテレツ大百科」など作品多数。96年没(現代漫画博物館別冊・資料編による)



[解説]この作品のプロローグとエピローグでは、ドラえもんの原作者である「藤子先生」がどのようにして、ドラえもんを誕生させたかの、心の葛藤を活写している。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia