Fandom

ドラえもん Wikia

苦節数年でケン玉に成功

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、11,53頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第40巻第5話『架空人物たまご』(43頁)


[解説]のび太は幼稚園のころ買ってもらった「ケン玉」を始めて、小学四年生になってお猪口に乗せることに成功することができた。あまりのうれしさに、外に出掛けて友達に見せることにした。(11、53)

「ケン玉」とは、お猪口を背中合わせに二つくっつけたような胴体の側面に、先がとがって手元がへこんでいる柄を突き通し、球を糸で下げたものであり、球を二つのへこみに乗せたり、球の穴を柄の先に入れたりして遊ぶ、昔からある子どものおもちゃである。  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia