Fandom

ドラえもん Wikia

航時法の違反

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、204頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第5巻第16話『宝くじ大当たり』(164頁)


[解説] ドラえもんは宝くじの発表結果を見て、『タイムマシン』に乗って過去の宝売り場に行くと、まだ600万円の当選券が売れ残っていた。のび太が「もうけすぎるんじゃないか」とドラえもんに告げると、ドラえもんは「か、かまうもんか! 買おう」と言ったが、買うお金を持って来ていなかった。そこで「タイムマシン」でお金を取りに帰り、再度宝くじ売り場に行くと、その券は売れてしまっていた。それで、ドラえもんは辛うじて「航時法の違反」を免れることができた。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia