Fandom

ドラえもん Wikia

第六感

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]もやの中を通って帰らないと主張するジャイアンを、みんなは臆病であると思っていた。しかし、ジャイアンは「こうみえてもおれはけんかのプロだ!!」と自認し、「敵が近づくと第六感が働くんだ。ビンビン感じるんだ!!」と、もやの中の見えない敵を警戒していた。(34)

第六感:五官のほかにあるとされる感覚で、鋭く物事の本質をつかむはたらき(広辞苑による)

第六感:時間や空間といった情報伝達における物理的障害を無視する場合が多く、超能力の一部とみなされることもある。昔から、虫の知らせなどとして、一般的にも認知されている部分もある(学術的認知ではない)。また、最近ではシンクロニシティ(共時性)のように認知されつつある現象もある。しかし、トリックやマジックを使って「芸」として同様の現象を見せることができる場合があるため、その存在に疑いを持つ人も多い(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia