Fandom

ドラえもん Wikia

空飛ぶ円盤

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]1947年、空飛ぶ円盤には「未確認飛行物体(UFO)]という正式な名称が与えられ、流行語になった。ドラえもん作品でも、空飛ぶ円盤に関心が高く、九話にも登場を果たしている。

空飛ぶ円盤:英語の未確認飛行物体であるFlying Discの日本語訳である。今日では同じ意味を持つFlying Saucerの訳語として定着した。しかし、現在は、未確認飛行物体はUFOという名称に変更された。Flying Saucerという名称は、1947年6月24日に起きた米国の実業家、ケネス・アーノルドの目撃をきっかけに生まれたものである。アーノルドは自家用機を操縦している最中に、当時としては信じられないほどの高速で艦隊飛行を行う九つの物体を見たという。それについて新聞記者に語る際、水面を受け皿(Saucer)が撥ねながら飛んでいくような独特の飛び方をしていたと語ったことから、この名前が生まれた。アーノルドは形状についてSaucerと述べたのではなかったが、この言葉をきっかけに円盤形の飛行物体というイメージが定着することになった。宇宙人の乗り物・宇宙船というイメージが強いが、本来はそういう意味に限らない。現在ではあまり使われなくなった言葉ではあるが、円谷プロ作品では、「UFO」の意味で作中によく使用されている(ウィキペディアによる)



[解説]

Fandomでも見てみる

おまかせWikia