Fandom

ドラえもん Wikia

空から降ってきたナマズ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(未収録)
  • 藤子不二雄ランド・ドラえもん作品第1巻第12話『引力ねじ曲げ機』(148頁)


[解説]スネ夫がおしっこの雨から逃れようとして、池に落ちると、池の水が空に落ち出した。それを見て、ドラえもんがスネ夫に、ひみつ道具である『引力ねじ曲げ機』の「はりを下へむけないと、宇宙へ飛び出すぞ」と叫んだ。すると、スネ夫や多量の水とともに、一匹の「ナマズ」が空から降ってきた。

ナマズ:ナマズ科の淡水産の硬骨魚。体は長くのび、50センチメートルに達する。頭部は扁平で、口は大きく四本の長い口髭がある。背びれは極めて小さく、体表は滑らかで鱗がない。背部は青黒く、腹部は白い。食用。日本・東アジアの沼・川に多く、春小流に来て産卵する(広辞苑による)  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia