Fandom

ドラえもん Wikia

白雪姫

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]



[解説]



[解説]


  • てんとう虫コミックス・カラー作品集第6巻第20話『自動人形げき』(150頁)


[解説] のび太たちが画用紙と紙粘土を使って、『白雪姫』に登場する人物を作り、白雪姫の人形劇を上演しようと計画していた。

白雪姫:白雪姫の継母である王妃は、自分が世界で一番美しいと信じており、彼女の持つ魔法の鏡もそれに同意したため、満足な日々を送っていた。白雪姫が7歳になったる日、王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女性は?」と聞くと、白雪姫だという答えが返ってきた。王妃は怒りのあまり、猟師に白雪姫を森に連れて行き、白雪姫を殺し肝臓を取ってくるように命じる。白雪姫を不憫に思った猟師は彼女を殺せず、代わりに森の中に置き去りにし、イノシシの肝臓を代わりに差し出した。王妃はその肝臓を塩茹でにして食べた。  白雪姫は森の中で7人の小人達と出会い暮すようになる。王妃が魔法の鏡に聞くと、白雪姫がまだ生きていることが露見。王妃は物売りに化け、小人の留守を狙って胸紐を白雪姫に売り、胸紐を締めあげ息を絶えさせた。帰ってきた7人の小人が胸紐を切って白雪姫を助け出すと、再び魔法の鏡により生きていることが露見。毒付きの櫛を作り、白雪姫の頭に櫛を突き刺して、白雪姫は倒された。しかしまた、7人の小人が櫛を抜き蘇生させた。  王妃は白雪姫を殺そうと毒リングを作り、リンゴ売りに化けて白雪姫に食べさせた。白雪姫は毒リンゴを食べて倒れ、帰って来た小人たちに発見されるが、小人たちは原因を見つけることが出来なかった。今度は本当に死んでしまったと悲しみに暮れていた小人たちは、白雪姫をガラスの棺に入れた。そこへ王子が通りかかり、白雪姫を一目見るなり、死体でもいいからと白雪姫をもらいうける。家来に棺を運ばせるが、途中で疲れて、八つ当たりに棺から白雪姫を出し、家来が蹴ると白雪姫はリンゴを吐き出し、生き返った。その結婚披露宴で、王妃は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされた(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia