Fandom

ドラえもん Wikia

白ゆりのような女の子(人物)

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]のび太のパパは戦争中学童疎開で田舎へ行っているときに、白ゆりのような色が白くて、髪が長く、大きな丸い目の、とてもチャーミングな女の子に出会った。

ユリ:ユリ目ユリ科のうち主としてユリ属の多年草の総称である。鱗茎(球根)を有する。茎を高く伸ばし、夏には漏斗状の花を咲かせる。日本でもユリは食用と薬用に使用された。花の観賞は明治31年代頃からである。幕末にシーボルトが日本の球根を持ち帰り、復活祭に用いられるイースター・リリーとして大流行すると、球根は近代日本の絹に次ぐ二番目の主要輸出品として外貨を獲得した。そしていわば逆輸入される形で明治末に観賞花として流行した。夏目漱石の「それから」には「代助は、百合の花を眺めながら、部屋をおおふ強い香りの中に、残りなく自己を放擲した」(14章7節)とある。輸出用の栽培は主に富士山麓から神奈川にかけて行われた(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia