Fandom

ドラえもん Wikia

病気ごっこに使う薬

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

病気ごっこに使う薬
ひみつ道具大事典: (未収録)
単行本: 藤子不二雄ランド・ドラえもん第6巻第16話『いんちき薬』(P.137)
デビュー掲載雑誌: 小学二年生1971年9月号『いんちきぐすり』
説明: 『病気になる薬(いんちき薬)』は未来のお医者さんごっこに使うもので、この薬を飲むと、本当の病気になるのではなく、病気にかかったみたいに見えるようになるひみつ道具である。四種類の薬があり、真っ赤になって高熱の出るもの真っ青になって氷みたいに冷たくなるものふるえが止まらなくなるもの病気どころかニセのゆうれいになるものである。

幽霊:ヒトが死亡して肉体が消滅した後も、この世に未練や恨みがあるために成仏できず、浄土に行けない魂がそれらの姿と声を持って、因縁のある人物の前に出現するものである。存在が科学的に確認された例は一つもないが、江戸時代以前から小説・落語・笑い話・劇などフィクションの世界にはよく登場する。日本の物語には「怪談」と呼ばれる一群があり、世界に類例のない「幽霊」の文化を持っている(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia