Fandom

ドラえもん Wikia

片岡玉子の母

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・ドラえもんプラス第1巻第1話『グルメテーブルかけ』(14頁)
  • 小学二年生1981年3月号『グルメテーブルかけ』


[説明]のび太のママのお母さんが急病であるという電話が入ったので、ママは早速お見舞いに出掛けた。病気は大したこともなく、ママはその晩家に帰ることにした。普段のパパやのび太の生活を見ていて、もし私がいなかったら、みんな飢え死にするのではないかと心配になって、予定より早く帰ってきた。家に帰ってみると、ドラえもんの出したひみつ道具の『グルメテーブルかけ』で、豪華な中華料理を食べて、みんな満腹になっていたので、ママは思わずむくれてしまった。



[説明]家では整理整頓ができず、のび太のママは「片岡玉子の母(若い頃)」から、「なんどいったらわかるんです!」といつもお説教を受けていた。



[説明]

Fandomでも見てみる

おまかせWikia