Fandom

ドラえもん Wikia

極超大規模集積回路

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
  • てんとう虫コミックス・短編第17巻第12話『自家用衛星』(116頁)

のび太がスネオたちに落ちたのはUFOではなく人工衛星だと言われたことから発展した言葉 ドラえもんの住んでいる時代では何百万個にもなっているが人工衛星自体が手のひらサイズ (ただし見せているのは家庭、おもちゃ用である)になっているため空が暗くなったりはしない。)

なお、2017年1月現在、廃棄、運用停止されたものを含め、約16000個の衛星が飛んでいる。

[説明]

LSIというコンピュータチップを小さく、かつ一つにまとめたもの。 Ultra Large Scale Integration; ULSI の事。 1990年代に開発された。定義された時点での1素子あたりのサイズは1μm(1000nm)であった。 ULSIは1000万以上の素子=物体からできている。

2018年には10nm以下のサイズにまで小型化される。

μm=マイクロメートル。nm=ナノメートル。

なお、10nmは0.000001cmである。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia