Fandom

ドラえもん Wikia

柿右衛門

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]のび太が投げたボールで、「柿右衛門」の壺を割ってしまった。のび太のパパが業者から見せてもらった本物の高価な柿右衛門のツボである。柿右衛門の壺は素晴らしいものであったけれども、のび太のパパは高すぎて、全く手が手が出ないと業者に嘆いていた。

柿右衛門:良質の陶土が発見されたため、現在の佐賀県西松浦郡有田町に移住した酒井田円西は、息子である喜三右衛門とともに陶器や白磁、染付などの磁器を製作していたが、やがて17世紀前半に喜三右衛門は赤絵磁器の焼成に成功し、柿右衛門を名乗った。初代は乳白色の地肌に赤色系の上絵を焼き付けるという、柿右衛門様式と呼ばれる磁器の作風を確立し、その作品はヨーロッパなどにも輸出され、マイセン窯などでは模倣品も作られた(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia