Fandom

ドラえもん Wikia

松田 なお子

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説] テレビの『歌のヒットテン』で歌っている、「松田なお子」を見て、しずちゃんが「この人大すきなの。サインほしいなあ」と言ったので、のび太はひみつ道具の『テレビとりもち』を使って、画面から野比家のお茶の間へ「松田なお子」を引っ張り出して、サインをもらっている。ちょっと迷惑そうであったが、サインをしてくれたので、しずちゃんは顔を真っ赤にして「ごめんなさい」と謝っている。

「松田 なお子」は「松田聖子」と「河合奈保子」の合体パロディ版である。

松田聖子:1980年代を代表するアイドル歌手である。1970年代を代表するアイドルだった山口百恵が引退すると交代するようにでビュー、まもなくヒット曲を連発しただけではなく、髪型や、後には生き方など、さまざまな面で日本の大衆文化に大きな影響を与えるカリスマ的な存在となった。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が第一位(2007年2月現在)となっており、「雑誌に最も頻繁に登場した著名人」とされている。参考に第二位以下は長嶋茂雄、田中角栄、三浦百恵、皇太子(浩宮)の順である(ウィキペディアによる)

河合奈保子:大阪市出身の女性歌手、女優。歌唱力が優れている上に、ピアノ、ギター、マンドリン、シンセサイザーを演奏し、作詞作曲も自ら手がけるなど、非常に高い音楽性が備わっていた。加えて、後のグラビアアイドルにも通じるスタイルは、雑誌のグラビアやアイドル水泳大会をたびたび飾った(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia