FANDOM


  • てんとう虫コミックス・短編第22巻第14話『税金鳥』(153頁)


[説明]のび太がいつも利用している本屋の主人はメガネをかけ、パンチパーマの中年の男性である。のび太が立ち読みしていると、その主人ははたきで「パタパタ」とのび太の頭をはたくこともあった。