FANDOM



[説明]スネ夫は一万八千円もする『月に雁』を、ピンセットでつかみながら、「切手マニアなら、この程度の物を一つくらいもちたいもんだねえ」と鼻高々に自慢している。

月に雁:浮世絵師歌川広重の35歳の時の作である。背景に大きな丸い月を置き、三羽の雁が列をなして降りていく。藍色絵具の外隈で表現される雲や月は、清澄な秋の夜空の深みを伝え、かつ雁の姿・勢いを際立たせている。日本の切手の中でもっとも有名なもののひとつである

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki