Fandom

ドラえもん Wikia

時間旅行規制法

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説] 「時間旅行規制法」によれば、「ひと目につかないように、回るのがきそくである」が、「こそこそかくれながらの観光じゃ、お客さんがまんぞくしなくなった」。そこで、「むかしの人にめいわくをかけることが多くなったので、こんご、いっさいの時間旅行をきん止する法りつ」が制定された。 藤子先生は生涯に「ドラえもんの最終回」を三編書かれている。この作品はその最初のものである。ドラえもんはこの作品で、「時間旅行規制法」によって、未来の世界へ帰らなければいけなくなったという理由になっている。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia