Fandom

ドラえもん Wikia

星野スミレ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・短編第15巻第7話『オールマイティーパス』(66頁)
  • 小学五年生1977年4月号『オールマイティーパス』


[説明]のび太としずちゃんは町内の三本立て上映中の「名画座」で、「星野スミレ」主演の映画を見ている。前から、のび太は星野スミレの大ファンであり、この映画を見ながら「いつ見てもきれいだなあ」と感嘆の声を漏らしている。

星野スミレ:アイドル歌手。学校、アイドルとしての仕事、パーマンとしての仕事に追われる多忙な日々を送る。星野スミレは正義のヒーロー『パーマン』の三人目のメンバー・パーマン3号、通称パー子である。ある日現れた異星人バードマンよりパーマンセットを渡され、パーマンに任命された。パーマンの掟として仲間以外に、正体を知られることは許されないが、アイドルであることを知られて特別扱いされることを嫌い、パー子は仲間のパーマンにもその正体を明かすことはない。やや頼りないものの正義感の強い「パーマン1号」須羽みつ夫に、ほのかな好意を寄せているが、みつ夫が星野スミレの熱狂的ファンであるが故に、正体を明かせば一人の普通の女の子として、扱われなくなってしまうことを恐れている。原作最終回でみつ夫が日本のパーマンを代表して、バード星への留学に旅立つ際、パー子はみつ夫にだけ素顔を見せ、笑顔で送り出している(ウィキペディアによる)


  • てんとう虫コミックス・短編第19巻第13話『出前電話』(122頁)
  • 小学五年生1978年11号『』


[説明]ドラえもんとのび太の大好きな「星野スミレ」がテレビで、歌を歌っていた。のび太はひみつ道具である『出前電話』を使って、スミレを野比家に出前しようと考えていたが、ドラえもんの反対でそれはできなかった。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia