Fandom

ドラえもん Wikia

星の銀貨

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]


星の銀貨:「グリム童話」に収録されている作品である。むかし、あるところにたいそう貧しい少女がいた。彼女の両親が亡くなってしまい、住むところも食べるものも着るものもなかった。親切な人からもらったひとかけらのパンと、彼女がきている服だけが、彼女に残された唯一のものであった。しかし、彼女はとても良い心の持ち主だった。おなかのすかせた人に会うとパンを、寒がっている少年に出会うとフードを、別の少年にはワンピースを、また別の少年にはシャツをあげてしまった。やがて、着ているものも食べるものも失ってしまった、彼女がその場に立っていると、星が彼女のもとに降ってきた。彼女の行為を神がほめたたえたためだった。降ってきた星は銀貨となり、少女は裕福に暮したのだった(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia