Fandom

ドラえもん Wikia

怪物くんぼうし

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 小学一年生1982年2月号『怪物くんぼうし』(7頁、48コマ)
  • 藤子・F・不二雄大全集第14巻
登場人物
ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずか、神成さん、はる夫
ひみつ道具
怪物くんぼうし

[要約] また、野球の最中に神成さん家のガラスを割ってしまった。そしてまたのび太が取りに行かされるが、塀越しに覗いてみると、凄い剣幕で突っ立っている姿を目撃するや途端に怖じ気づいてしまう。だが、それが原因でジャイアンとスネ夫にも追いかけられてしまった。

困ったのび太はドラえもんに相談すると、ちょうどドラえもんは「怪物くん」を読み耽っている所であった。のび太は思わず怪物くんみたいに手足が伸び縮みしたらいいのにと言うと、ドラえもんは怪物くんのように身体を伸縮できる道具、「怪物くんぼうし」を持っていた。

そしてあっさり神成さん家からボールを取り返すと、ジャイアンとスネ夫に乱暴にボールを返す。それに腹を立てたジャイアンがのび太を殴るが、のび太の体は全身がゴムのように伸縮自在になっており、あっさり二人をやっつけてしまった。のび太はその後、しずかからボールを取ってあげたり、風船を飛ばして泣いている男の子から風船を取ってあげたりと大活躍だが、うっかりジャイアンに帽子を奪われてしまう。

そんな時、また神成さん家にボールが飛び込んだという。ジャイアンは、今度は俺が取ってやると腕をにゅっと伸ばそうとするが、神成さんがちょうど待ち構えており、ジャイアンの腕を木の幹に縛り付けられてしまい、ジャイアンはすっかり身動きが取れなくなってしまったのだった。

  • 連載当時、藤子不二雄Aによる「怪物くん」がアニメ化を開始しており、そのマッシュアップ作品として描かれた作品です。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia