Fandom

ドラえもん Wikia

念写機

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

念写機
ひみつ道具大事典: (未収録)
単行本: てんとう虫コミックス短編第11巻第19話『ドラえもん大事典』(P.187)
デビュー掲載雑誌: 小学四年生1975年4月号『ドラえもん大事典』
説明: 念じながら、ひみつ道具である『念写機』を使うと、「人の写真に好きな物や人を写しこむ」ことが可能となった。

念写:心の中に思いうかべている観念を印画紙などに画像として焼き付けること。超心理学の研究対象で、超能力の一種とされている。1910年12月、福来友吉博士が御船千鶴子・長尾郁子の透視の実験・研究中に発見した現象と言われている。X線を通さない鉄の箱の中に密封した写真用看板を入れ、超能力者・三田光一が念写画像を焼き付ける実験を行い、成功したとされているが、これらの研究内容が発表されたものの、当時の学者たちから非難を受け、認められることはなかった(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia