Fandom

ドラえもん Wikia

延元三年

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]のび太とドラえもんはひみつ道具の『時間カメラ(タイムカメラ)』で写した637年前の桃太郎の写真の謎を解くために、一方、バケルはオランダの外国人の持ってきた600年ほど前の桃太郎の絵の謎を解くため、三人で『タイムマシン』に乗って、637年前、つまり延元三年の世界へ出発することになった。着いた先の「タイムマシン」の出口は、珍しくのび太の背丈くらいの高さで、しかも空中に、四角の窓の形をして開いていた。

「延元」とは、南朝、後醍醐・後村上天皇朝の年号であり、延元三年は西暦1338年である。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia