Fandom

ドラえもん Wikia

幽霊

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]



[解説]



[解説] みんなとめずらしい体験を話し合ったとき、「幽霊」に出会ったといった話が出た。

ゆうれい:死者の霊が生前の姿になって現れたととらえられるもの。広義では、強迫観念などによって実際には、存在しないのに実在するかのように思われて、その人を不安に陥れるものを指す(新明解による)

幽霊:ヒトが死亡して肉体が消滅した後も、この世に未練や恨みがあるために成仏できず、浄土に行けない魂がそれらの姿と声を持って、因縁のある人物の前に出現するものである。存在が科学的に確認された例は一つもないが、江戸時代以前から小説・落語・笑い話・劇などフィクションの世界にはよく登場する。日本の物語には「怪談」と呼ばれる一群があり、世界に類例のない「幽霊」の文化を持っている(ウィキペディアによる)


  • 藤子不二雄ランド・ドラえもん第12巻第18話『夢まくら』(155頁)


[解説] のび太がひみつ道具の『夢まくら』で、気持ちの悪い墓地で大きな卵に躓いて、「すてん」と転ぶと、卵が割れて、「ドロ ドロ ドロ」と出てきた「幽霊」に、追い掛けられる夢を見た。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia