Fandom

ドラえもん Wikia

川へ身投げしようかと・・・、思ったけど、泳げないからやめた

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラことば 心に響くドラえもん名言集』(未収録)
  • てんとう虫コミックス・ドラえもんプラス第3巻第8話『アリガターヤ』(77頁)


[解説] のび太の帰りが遅いので、心配になってドラえもんが迎えに行くと、のび太が川の畔で涙を流しながら一人座っていた。ドラえもんが声を掛けると、のび太は急に「ワア~」と大声で泣き出した。のび太は「ぼくは、だれのいうことでもきいちゃう。それなのに、だれもぼくのいうことをきいてくれない」としみじみとドラえもんに訴えながら、ふと漏らしたのび太らしい真情がこのフレーズ「川へ身投げしようかと・・・、思ったけど、泳げないからやめた」である。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia