Fandom

ドラえもん Wikia

少年チャンポン

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]フニャコ家のの階段では、『少年チャンピオン』の編集者が原稿をもらうために待機している。

日本の漫画は小学館、講談社、集英社、秋田書店の四大出版社によって、全体の八割が刊行されている。秋田書店の発行する週刊少年マンガ誌は『週刊少年チャンピオン』である。

「少年チャンポン」は「週刊少年チャンピオン」のパロディ版である。

週刊少年チャンピオン:月刊少年誌『冒険王』、『まんが王』を手掛けていた秋田書店が週刊少年誌の時代に対応すべく、1967年7月に『少年チャンピオン』の誌名で隔週誌として創刊。1970年6月24日発売号から週刊化に伴い、『週刊少年チャンピオン』に誌名が改められた。劇画路線で青年誌化が進んでいた『週刊少年マガジン』、『週刊少年サンデー』に対して王道的な少年誌路線で躍進。『ブラック・ジャック』、『ドカベン』、『がきデカ』などの大人気作品が連載され、スポ根、シリアス、ストーリー、ギャグと全ジャンルを網羅し、『週刊少年ジャンプ』と競い合う形で、1978年には200万部を突破してトップに躍り出た。しかし、 1980年代に入ると、人気連載作品からの引き継ぎがうまくいかず、部数競争からは脱落していった。他の週刊誌と比較して、表現の制限が緩いためか、自由な作風でかつあくの強いマンガが多く掲載されているのが、この雑誌の特色となっている(ウィキペディアによる)



[解説]

Fandomでも見てみる

おまかせWikia