Fandom

ドラえもん Wikia

小惑星イカルス運行が地球の海面に及ぼす影響

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]「小惑星イカルス運行が地球の海面に及ぼす影響」というアカデミックな研究課題はドラえもんに言わせると、22世紀の小学生の間ではやっている研究とのことである。のび太の夏休みの自由研究に、ドラえもんが簡単であると言って出したテーマである。

イカルス:地球近傍小惑星のひとつであり、アポロ群に属する。1949年にドイツの天文学者バーデによって発見。イカルスの特徴として、近日点では水星よりも太陽に近づくことが挙げられる。イカルスという名はこの特徴のために付けられたものである。ギリシア神話に登場するイカルスは、鳥の羽を蝋で固めて翼を作り、それで空を飛んだが、調子に乗って太陽に近づきすぎ、蝋が溶けて翼が分解したため墜落死した(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia