Fandom

ドラえもん Wikia

将来画家よりサラリーマンに

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、95,204頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第6巻第6話『この絵600万円』(68頁)


[解説] 再度、昔のお金を準備して、『タイムマシン』で落目荘に行くと、まだ学生服を着たのび太のパパが、柿原画伯が留守のため、ドラえもんらに応対した。ドラえもんが野比さんも絵を描くのですかと質問すると、その学生服のパパは画家になることが夢ですと答えている。ドラえもんが「あなたはサラリーマンにしかなれません」と話すと、「帰れっ!!」と怒鳴られてしまった。絵を買いに来たのですと告げると、好きなのを持っていきなと言われたので、ドラえもんは「何描いたか見当のつく」絵を買って戻った。家に帰ると、その絵は相場600万円の柿原画伯の絵ではなく、弟子であったパパの描いた絵であることが判明した。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia