Fandom

ドラえもん Wikia

実物ジオラマ(道具)

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

実物ジオラマ(道具)
ひみつ道具大事典: (収録、P.29)
単行本: てんとう虫コミックス・カラー作品集第3巻第4話『実物ジオラマ』(P.29)
デビュー掲載雑誌: 小学一年生1986年5月号『じつぶつジオラマ』
説明: ひみつ道具である『実物ジオラマ』を使うと、世界中どこでも、大きくも小さくもジオラマにできる。さらに、コントローラーを使うと、ジオラマの中の人物を自由自在に移動させることができる。

ジオラマ:フランス人風景画家ダゲールらが従来のパノラマに代わる新たな投影装置を作ったのが最初。風景画の中に物を置き、その箱の窓から中を覗くと、照明などの効果により本当に風景が広がっているかのように錯覚させる見世物として、明治時代に日本で流行した。つまり、展示物とその周辺環境・背景を立体的に表現する方法で、博物館展示方法のひとつであり、縮尺模型での作品展示方法の一つである(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia