Fandom

ドラえもん Wikia

女の先生

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(未収録)
  • てんとう虫コミックス・短編第15巻第11話『人生やりなおし機』(111頁)


[解説]小学四年生ののび太はひみつ道具の『人生やり直し機』で四歳に戻った。周りの人たちからのび太は「今に博士か大臣に」になると言われていた。ドラえもんはこのまま大きくなって一年生になった時の模様をひみつ道具の『タイムテレビ』で見せてくれた。一年生の段階では、担任の「女の先生」がテストの結果を返していた。テストの得点はもちろん満点の百点であった。なお、ドラえもんマンガ史上、のび太の担任の先生に女の先生が登場したのは、今回が最初で最後となった。しかし、四年生の段階になると、いつものように「また0点とったんでしょ。もっと勉強しなさい」とママの怒鳴る画面を見ることになった。そして、早く元に戻った方がいいという、ドラえもんのアドバイスに、のび太は素直に耳を傾けることができた。  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia