Fandom

ドラえもん Wikia

地底探検車(自動操縦装置付き)

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

地底探検車(自動操縦装置付き)
ひみつ道具大事典: (収録、P.142)
単行本: てんとう虫コミックス短編第6巻第14話『ネッシーがくる』(P.129)
デビュー掲載雑誌: 小学生ブック1974年8月号『公園のネッシー』
説明: 『地底探検車(自動操縦装置付き)』は、ドラミちゃんがネス湖のネッシーを連れてくるために、取り出したひみつ道具である。この探検車は日本の公園の池とネス湖を地下水路でつなぎ、ネス湖でネッシーの好きな餌をばらまき、電気掃除機のようにネッシーを吸い付けて、日本に連れてくるひみつ道具である。従来の地底探検車よりも地底を掘り進める性能が一段とアップし、自動操縦装置を装備している。

地底探検:1864年、ジュール・ヴェルヌの発表した冒険小説のタイトルである。主人公たちはアイスランドの死火山の噴火口から地底世界に侵入し、恐竜や原始的な生活を送る人類と遭遇する(ウィキペディアによる)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia