Fandom

ドラえもん Wikia

反重力安全装置

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、195頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第21巻第6話『未来の町にただ一人』(63頁)


[解説]のび太が『タイムマシン』に乗って、22世紀の世界に到着すると、高い塔のところに「タイムマシン」の出口が開いてしまった。「高所恐怖症」の上、飛んできた「UFO」に合図を送ったため、のび太は足を滑らして、「キャアーッ」と絶叫しながら、落下した。しかし、「反重力安全装置」が働いたため、途中から「フワリ フワリ」と落ち出し、無事大地に「ストッ」と着地することができた。(195)

「反重力」とは、物質に加わる重力の力を無効にしたり、調節したりする技術のことである。現実の物理学では理論的に不可能であり、全く架空の技術とされる。多くのSF作品の宇宙航空の基礎技術として登場している。

「高所恐怖症」とは、高所に上ることを異常に怖がり、高所に登るとめまいや足がすくむ感じ、墜落の不安を抱くような症状のことである。

UFO:未確認飛行物体のことである。軍隊においては、レーダーに捕捉された正体不明の飛行物体に対しては、それが何なのか確認できるまで、警戒態勢を取る緊急の必要があるため、「何かこちらに向かって飛んできます!」を「未確認物体接近!」と表現する。しばしば「空飛ぶ円盤」と同一される。実際に飛行しているところが目撃されて無くても、飛行可能と思われるものが着陸していた場合などにも使われる。水中に目撃されたものはUSO(未確認潜水物体)ということもある。UFOの科学的な、若しくは科学的と称する研究のことを「UFO学」という(ウィキペディアによる)  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia