Fandom

ドラえもん Wikia

冬眠から目が覚めたカエル

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[説明]のび太が『春風うちわ』で、「パッタ パッタ」と扇ぐと、地中で「冬眠していたカエル」が「ゲコ」と鳴きながら顔を出した。

冬眠:季節的な低温に対して、動物が摂食や運動を中止して代謝活動を著しく低下させた状態で冬期を過ごすこと。ヘビ、カエル、カメ。昆虫など陸生変温動物が越冬する時に広く見られる。体温は外囲の温度に並行して低下する。コウモリ、ヤマネ、シマリスなどの小形の恒温動物も冬眠を行う。小型の恒温動物では、体重に対する表面積の割合が大きいため、体温を維持するために大量のエネルギーを必要とする。食料の乏しい冬季では、これを維持するだけの栄養をとることができず、小型恒温動物は冬眠をせざるを得なくなる(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia