Fandom

ドラえもん Wikia

不幸の手紙

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(未収録)
  • てんとう虫コミックス・短編第15巻第6話『不幸の手紙同好会』(56頁)


[解説]ドラえもん作品の不幸の手紙には、「29人の不幸をお返しします。これは不幸の手紙といって、東京から順々に私の所にきた死に神です」といったおどろおどろしい表現が書き連ねてある。この不幸の手紙は1970年頃、猛威を振るいピークに達している。この作品において、不幸の手紙の差出人はひみつ道具である『郵便逆探知機』によって、スネ夫であることが突き止められた。

不幸の手紙:連鎖的に(チェーン)不特定多数へ配布するように求めるチェーンメイルの典型的な例である。郵便が発達した20世紀にはじまり、その後電子メールや携帯電話が一般的になったことによって、広まる速さが加速した。不特定多数への配布が特徴的な天使の手紙と呼ばれるものは中世にもあり、チェーンメールの元祖と目される。チェーンメールはメールの最後に「このメールをn(n>1)人の人に送ってください」といった内容のことが書かれているのが特徴的である。そして「止めると殺される」などの脅し文句が入っていることも多いが、その逆に「~のために広めてください」と積極的な流布が、社会に貢献するかのような文句が付けられることもある(ウィキペディアによる)  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia