Fandom

ドラえもん Wikia

リニアモーターカー

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・短編第33巻第14話『SLえんとつ』(147頁)


[説明]『SLえんとつ』という作品では、のび太はひみつ道具である『SL煙突』の使用で、校内マラソンの優勝の確信した。しかし、この煙突を使うと、煤などの公害がひどく、近所から猛反対を受けた。ドラえもんも「時代の流れだなあ、やはりSLは消えてゆくのか・・・」と感傷にふけっていると、のび太は明日のマラソンのために「リニアモータカーの煙突」をリクエストするのであった。

『広辞苑』によれば、リニア・モーターとは「誘導電動機の界磁と電機子とを車両と軌道に分け、車両を運転するモーター」である。超高速鉄道に応用され、未来の花形鉄道の柱になる存在である。

リニアモーターカー:リニアモーターを用いて走行する鉄道車両。鉄輪式と磁気浮上式とがある。リニアモーターカーは和製英語である。リニアモーターは、部品として見た場合は、連続的に誘導体が配置させた(電磁誘導式)モーターのことで、単に動力の種類を指しており、鉄道や浮上式かどうかに限定した用語ではない。リニアは線状という意味であり、リニアモーターとは、古典的な回転モーターに対して、「平面上に線状に誘導体を並べた構造の」モーターのことである。磁気により浮上するリニアモーターカー(磁気浮上式鉄道)に関しては、日本のJRや欧米諸国では「マグレブ」と呼ぶことが多い(ウィキペディアによる)  



[説明]

Fandomでも見てみる

おまかせWikia