Fandom

ドラえもん Wikia

メロンのおいしさを『おすそわけガム』で共有

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、121頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第11巻第9話『おすそわけガム』(82頁)


[解説]往来で、スネ夫から今日のおやつは「メロン」であるといわれたので、ドラえもんはうらやましくなり、窓の外から、メロンを食べようとしているスネ夫をのぞいていた。スネ夫からは「のぞいたってやらないぞ」と怒鳴られた。ドラえもんはひみつ道具の『おすそわけガム』を三分の一、メロンを食べる前にスネ夫に与えた。スネ夫がメロンを食べたあと、残りのガムをドラえもんとのび太がかみだすと、メロンの「なめらかな、舌ざわり。さわやかな歯ごたえ」を共有することができた。(121)

メロン:ウリ科の一年生果菜。蔓性で雌雄同株、原産はアフリカ。わが国には明治以降欧米から導入され、その後独自の品種が多数育成された。果実は球形で、普通皮に細かい網目が生ずるのでネット・メロンともいう。果実は柔軟・緻密で、甘味・芳香が強い(広辞苑による)

メロン:日本語の野菜と果物の区別は本来草本か木本かによるため、草本に実るメロンは野菜に分類されるが、強い甘みを持つため果物としての食べられ方をしている。日本では高級な贈り物の代名詞になっているが、米国では安っぽいものという、逆のイメージを持っている(ウィキペディアによる)  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia