Fandom

ドラえもん Wikia

ミュータント

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説] ひみつ道具の『人間製造機』で製造した人間は「超能力」を持った「ミュータント」である。ドラえもんによれば、「そのミュータントたちが、かってになかまをふやして、人間を征服しようとして大さわぎにになった。国連軍まで出動したんだよ」という欠陥商品である。新製品であったけれども、売り出したあと欠陥に気づいて、現在販売中止になっている。

「ミュータント」とは、変異の生じた細胞または個体の突然変異体のことである。

国連軍:本来、国際連合安全保障理事会(安保理)の決議によって組織された国際連合の指揮に服する軍隊を指す。しかし、正規の国連軍が過去において組織されたことがないため、一般に、「国連軍」と呼んだ場合は、国際連合安全保障理事会決議に基づいて、それぞれの国が各々の指揮下に派遣する平和維持軍や停戦監視団を指す(ウィキペディアによる)

超能力:テレパシー、透視、予知、念力などといった、超自然的な能力のこと。一般的には想像上のものとされるが、超能力を主要な研究対象とする超心理学という学問分野も存在する。もっとも、超心理学は科学哲学の立場からは疑似科学とされることが多い。その一方で、超能力はSFにおいては人気の高い題材であり、単なる物語の小道具から人間や宇宙の在り方を見つめる哲学的主題にまで、広く用いられる。一般傾向として、超能力は科学的に解明されるべき能力とされ、現代や未来を舞台とするストーリーに登場することが多い。これに対し魔法や魔術は科学的な説明のむずかしい不思議な力とされることが多く、一般にファンタジー作品で登場する。また、その能力は先天的な才能が不可欠であることが多く、魔術者よりも超能力者のほうが希少性が高いことが多い(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia