Fandom

ドラえもん Wikia

ミケちゃんマン

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]帰りが遅れたので、のび太の大好きなテレビ番組『ミケちゃんマン』の最後のシーンを、辛うじて見ることができた。画面では、「ミケちゃんマン」が「巨大ゴキブリ怪人」を倒したところであった。そして、かっこよく空を飛んで行く「ミケちゃんマン」の姿が画面に映って、番組は終了した。のび太が疑問と思った空飛ぶシーンを、ドラえもんはひみつ道具の『クロマキーセット』で詳しく説明して、納得してもらった。

「ミケちゃんマン」は「タケちゃんマン」のパロディ版である。

オレたちひょうきん族:1981年5月16日に『決定! 土曜特集』という単発特番枠(正確にはナイター中継中止時の雨傘番組)で放送。その後、単発での放送が数回され、同年10月10日よりレギュラー放送となった。当時は、フジテレビが視聴率ノルマを廃し、制作者が作りたいものを作る路線に転じ、”楽しくなければテレビじゃない”をキャッチフレーズとした頃で、作り手側の制作意欲の向上と、出演者である若手芸人の漫才ブームによる勢いとが、相俟ったバラエティ番組である。開始当時の裏番組には、お笑い番組の頂点に君臨していた『8時だョ! 全員集合』が放送されていたが、後に視聴率でオレたちひょうきん族が上回り、結果「全員集合」を放送終了に追い込むまでの勢いを誇り、1980年代のバラエティのリーダー格番組にまでなった(ウィキペディアによる)

タケちゃんマン:タケちゃんマンは、フジテレビ系バラエティ番組『オレたちひょうきん族』で放送された、コント仕立てのコーナードラマ。ビートたけし扮する正義の味方タケちゃんマンと明石家さんま(初回のみ高田純次)扮するブラックデビル等の敵キャラクターが人気を博した。ドラマ部分は当時の世相やテレビ、映画そのそれなりに練りこまれたパロディだったが、対決シーンとなると雰囲気が一変して、二人のフリートークやアドリブに進行を任せた、ゲーム色の濃いコーナーとなった。誕生したきっかけは、当時「ヒーロー、正義の味方=カッコイイ」というものだったヒーロー像を壊すために、「どうせならとてもヒーローとは思えないかっこ悪い」ヒーローを作ろうとして生まれた(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia