Fandom

ドラえもん Wikia

マッチうりの少女

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]


マッチうりの少女:アンデルセンの創作童話で、彼の第五番目の作品として1848年に発表された。年の瀬も押し迫った大晦日の夜、小さな女の子がひとり、寒空の下でマッチを売っていた。マッチが売れなければ父親に叱られるので、すべて売り切れるまで家には帰れない。しかし、人々は年の瀬の慌ただしさから、少女には目もくれず通り過ぎていった。夜も更け、少女は少しでも自分を暖めようとマッチに火を付けた。マッチの炎と共に、あたたかいストーブや七面鳥などのごちそう、飾られたクリスマスツリーなどの幻影がひとつひとつと現れ、炎が消えると同時に幻影も消えた。流れ星が流れ、少女は可愛がってくれた祖母が「流れ星は誰かの命が消えようとしている象徴なのだ」と言ったことを思い出した。次のマッチをすると、その祖母の幻影が現れた。マッチの炎が消えると、祖母も消えてしまうことを恐れた少女は、慌てて持っていたマッチすべてに火を付けた。祖母の姿は明るい光に包まれ、少女をやさしく抱きしめ、天国へと昇っていった。新しい都市の朝、町の人々が見つけたのは、マッチの燃えかすを抱えて頬笑む、少女の小さな骸であった(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia