Fandom

ドラえもん Wikia

プードル犬とその飼い主

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

単行本未収録作品・小学一年生1971年10月号『無題(動物に化けられるキャンデー)』(115頁)


[説明]のび太はひみつ道具である『動物に化けるキャンデー』を食べた。金魚に変身したのび太が、奥さんの飼っている「プードル犬」に触って、プードル犬に再度変身した。

プードル:犬種の一種で、起源については不明な部分が多いが、フランスで人気を博したことでフランス原産とされている。プードルは泳ぎが得意で、もともとは鴨猟の回収犬として広く用いられていた。その後、フランスやイギリスなどで小型化を重ね、ミニチュアプードルやトイプードルが作り出され、愛玩犬となった。もともと冷たい水温から心臓を保護する目的で胸部の毛を残し、他の部位は水の抵抗を受けにくいよう、刈り込むという泳ぐための便宜から来たスタイルであった。それが次第にハッション化され、プードルのそれがトリミング技術の基礎となっていった。性格は明朗、活発、賢明で、しつけは入りやすいが、甘えん坊で神経質な一面もある(ウィキペディアによる)

Fandomでも見てみる

おまかせWikia