Fandom

ドラえもん Wikia

フニャ子フニャ夫

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、223頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第27巻第12話『職業テスト腕章』(112頁)


[解説]のび太がひみつ道具である『職業テスト腕章』を付けて、近所にある「フニャ子フニャ夫」の家を訪れた。先生が「ダッ」と玄関がら脱出したので、のび太が先生の代わりになって、三人の編集者から「二十ページ」、「三十二ページ」、「百ページ」のマンガを描くように強制され、昼寝どころの騒ぎではなくなった。(223)

「フニャ子フニャ夫」は「藤子不二雄」のパロディ版である。

藤子不二雄:漫画家コンビのペンネームで『オバケのQ太郎』などの作者。ともに富山県出身。コンビ結成初期は二人とも手塚治虫タッチで絵の描き方が一緒であったため、二人でひとつのマンガを描くという完全合作に挑戦していたが(片方がシナリオ、片方が作画というコンビは多い)、お互いの作風、作画に変化が現れた後は、コンビと言っても共著は前述の「オバQ」などが数点あるのみで、別々に作品を執筆し、それぞれが藤子不二雄名義で発表するという、二人でひとつのペンネームを使用する方法を採っていた。1988年コンビを正式に解消し、藤子・F・不二雄と藤子不二雄Aになる(ウィキペディアによる)

藤子不二雄:藤本弘と安孫子元雄の合作ペンネーム。小学五年生のときの同級生同士。1943年からコンビを組み、1951年、「天使の玉ちゃん」(『毎日小学生新聞』)でデビュー。1954年、二人で富山から上京。合作名で執筆活動を続け、「オバケのQ太郎」など、数々の名作を生みだす。1987年、コンビ解消し、藤本は藤子・F・不二雄として、安孫子は藤子不二雄Aとして、活躍を続ける(現代漫画博物館別冊・資料編による) 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia