Fandom

ドラえもん Wikia

フタバスズキリュウ

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • てんとう虫コミックス・短編第10巻第21話『のび太の恐竜』(163頁)


[解説]のび太が難事に遮二無二突進すると、例えば、「フタバスズキリュウ」の卵を発見し、不可能を可能にすることもある。

フタバスズキリュウ:白亜紀後期サントン階(約8500万年前)に日本近海に棲息していた首長竜。爬虫類双弓類プレシオサウルス上科エラスモサウルス科に属する。全長約7m。日本国内で初めて発見された首長竜として著名。発見から38年後の2006年にようやく新属新種として正式に記載された。1968年に福島県いわき市大久町入間沢の大久川河岸に、露出していた双葉層群玉山層入間沢部層から、当時高校生であった鈴木直によって発見された。この化石の発見により、日本では大型爬虫類の化石が発見されることはないとされていた、当時の定説が覆される結果となった。他のエラスモサウルス科の種に比べ、目と鼻のあいだがよりはなれていることや、脛骨が長いこと、鎖骨と間鎖骨の接合部分の形状などが、フタバスズキリュウの識別点であるとされる(ウィキペディアによる)



[解説]

Fandomでも見てみる

おまかせWikia