Fandom

ドラえもん Wikia

パーマンの凧

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


[解説]のび太はひみつ道具である『空中シューズ』を履いて散歩していると、時季外れの「パーマンの凧」の糸に絡まってしまった。さらに、ラジコン飛行機が後頭部にぶつかり、股間に野球のボールが当たり、「ギャン」と絶叫してしまった。

パーマン:藤子・F・不二雄のマンガ及びそれを原作としたアニメ・劇場アニメである。冴えない小学生須羽ミツ夫がある日、宇宙人バードマンからもらったパーマンセット(マスク、マント、バッジ)を装着すると怪力や空を飛ぶ能力などを授かり、その力を生かして正義のヒーローになるという物語である。超人であるという秘密を持つ少年の葛藤、その矛盾に立ちむかう強さ、本当の正義とは何かを、独特の藤子ギャグで描く、彼の代表作のひとつである。初出『小学三年生』(小学館)1966年12月号~1968年8月号ほか学年誌各紙に掲載(ウィキペディアによる)

パーマン:主人公みつ夫はなにをやってもさえない小学生。そんな彼が、たまたま通りすがった宇宙人・バードマンから、悪事を正すスーパーヒーロー「パーマン」に選ばれてしまう。パーマン2号こと猿のブービーや3号パー子、4号パーやんらとともに、力を合わせて地球の平和を守るみつ夫。大好きなみっちゃんに正体を明かしたいが、他人に知られると動物にされてしまうため苦悶するなど、ちょっと三枚目的なヒーローだ。テレビアニメ、映画化され、『』の並び、子どもに人気の作品となった。初出『小学三年生』(小学館)1966年12月号~1968年8月号。藤子・F・不二雄(現代漫画博物館による)  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia