Fandom

ドラえもん Wikia

パンダの登場作品七編

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(未収録)
  • てんとう虫コミックス・短編第29巻第15話『ツバメののび太』(160頁)


[解説]1972年に日中国交回復を記念して贈られた二頭のパンダ(カンカンとランラン)で、日本中が大フィーバーした。ドラえもん全作品のデータベースでパンダを検索すると、七つの話にパンダは登場を果たしている。

パンダ:ジャイアント・パンダはネコ目ジャイアント・パンダ科の哺乳類。頭胴長1.5~2m、尾長20cmほど。毛色は白で、目の周囲、耳、肩から前肢、後肢は黒、腹はやや茶褐色を帯びる。中国四川省など、きわめて限られた地域に棲息。1869年に初めて存在が報告された。毛皮が美しく、動作も愛らしいので珍重されるが、棲息数が少ない上に、主食がササ・タケだけに依存しているため、増殖が難しく、絶滅のおそれがある(広辞苑による) 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia