Fandom

ドラえもん Wikia

バードキャップ(道具)

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

バードキャップ(道具)
ひみつ道具大事典: (収録、P.370)
単行本: てんとう虫コミックス・カラー作品集第1巻第1話『バードキャップ』(P.5)
デビュー掲載雑誌: 小学一年生1984年4月号『バードキャップ』
説明: ひみつ道具である『バードキャップ』の中で、ドラえもんは似てないといわれたが、ハト、のび太は飛ぶのが苦手なニワトリからスズメに変わった。しずちゃんは白鳥を選んでもらった。ジャイアンは昼間よく目の見えないミミズクを被ったので、電柱や屋根や壁にぶつかってばかりいた。スネ夫のカワセミは公園のボートに乗っている人を驚かせながら、水に飛び込んで池の魚を獲っていた。このキャップを被ると鳥の仲間になれ、飛び方やエサの取り方も同じようになる。

白鳥:カモ目カモ科の水鳥。大形で首が長く、世界に五種。オオハクチョウ・コハクチョウ・コブハクチョウなど。オオハクチョウはシベリア東部で繁殖し、冬季南に渡る。日本には北海道・青森・新潟などに渡来。天然記念物(広辞苑による)

ミミズク:フクロウ目フクロウ科の鳥のうち、頭側に長い羽毛(いわゆる耳)を持つものの総称。ワシミミズク・オオコノハズクなど(広辞苑による)

カワセミ:ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。スズメより大形で、尾は短く、嘴は鋭くて長大。体の上面は暗緑青色、背・腰は美しい空色で、「空飛ぶ宝石」と称される。清流の指標種とされ、水中の小魚をとる。巣は崖に横穴を掘ってつくる(広辞苑による)

使用方法: {{{使用方法}}}
使用目的:
使用結果:

Fandomでも見てみる

おまかせWikia