Fandom

ドラえもん Wikia

バットの意外な使用法

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、72頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第1巻第5話『コベアベ』(62頁)


[解説] ジャイアンは「買ったばかりのバットの、なぐりぐあいをためさせろ」と言いながら、スネ夫を追い掛けていた。のび太がひみつ道具である『コベアベ』を「ぺー」と吹くと、ジャイアンは「このバットをおまえにやる。おれをなぐってくれ」と、スネ夫にバットを差し出している。

バット:野球において打者が投手の投球を打つために用いる棒状の用具のことである。公認野球規則では、滑らかな丸い棒であり、最も太い部分の直径7cm以下、長さ106.7cm以下とされている。実際の形状は手で持つ部分(グリップ)が細く、ボールが当たる部分(ヘッド)が太くなっており、グリップの端にグリップエンドと呼ばれる、直径の太い部分が付いている。使い方によっては凶器にもなるので、扱い方には注意が必要である(ウィキペディアによる) 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia