Fandom

ドラえもん Wikia

ハムスターが家出の原因

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、65頁)
  • てんとう虫コミックス・大長編第9巻『のび太の日本誕生』(22頁)


[解説]のび太のパパは、部長が家族旅行するため、一週間ハムスターを預ることになった。パパがネズミではなく、ハムスターだと説明しても、ドラえもんは「でも、ネズミのなかまなんだ。どこかへもってって!!」と両目から大量の涙を流しながら訴えた。留守中の世話を頼まれたので、どうしても引き受けざるを得なかったので、ドラえもんも家出をすることに決めた。 (65) ハムスター:キヌゲネズミ科キヌゲネズミ類の総称。頭胴長15cmほど。毛は絹毛状。顔が丸く、ほぼ袋を持つ。背は明るい赤褐色。現在世界中で飼われているものはすべて、1930年にシリアで捕獲されたものから増殖された。実験動物・愛玩用(広辞苑による)  

Fandomでも見てみる

おまかせWikia