Fandom

ドラえもん Wikia

ドラ焼の禁断症状

12,182このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、65頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第36巻第12話『神さまごっこ』(105頁)


[解説]ドラえもんはドラ焼を三日も食べていないため、「アウ~ ウオ~」、「ジダ   バタ」と畳の上で七転八倒の苦しみを味わっている。ドラえもんは「ドラ焼がないと、ぼくはもうだめだ~」と仰向けになって、足で「ドタ バタ」畳を叩き、ドラ焼の禁断症状を呈している。しかし、いいアイディアが閃くと、コロッと禁断症状から解放されている。 

Fandomでも見てみる

おまかせWikia